フォト

メールはこちらからどうぞ

ASKAニューアルバム

iTunes Store

  • トップチャート

よく聴く曲

  • good time (album ver.)
    ASKA: SCENEIII

    このアルバムそのものをiTunesでパワープレイ中なんですが、シングルとはアレンジが変わって自分の印象がとても良くなったのでこの曲を代表としてリストアップしました。『ミュージックフェア21』で以前歌ったときのアレンジに近いかな? 癒される声です。 (★★★★★)
  • Never In A Million Years
    Asia: Alpha

    高校時代にいつも聴いていた曲。今でも聴くたびに当時のことを思い出します。 (★★★★★)
  • not at all
    CHAGE&ASKA: NOT AT ALL

    ちょっと気分が落ち込みがちの時に聴いてます。穏やかな気持ちになれる曲。 (★★★★★)

お友達のブログ

よく見ているサイト

おもしろポストカード

« オシム氏「今度は私が頑張れと言う番」 | トップページ | ある意味袖の下? »

2008/06/05

国籍法「結婚要件」に違憲判断

リンク: 時事ドットコム:国籍法「結婚要件」は違憲=「家族生活の意識変化」−最高裁大法廷

ご存知の方も多いが国籍の決め方には血統主義と出生地主義という二つの考え方がある。親の国籍を子供の国籍にするというのが血統主義、親の国籍には関係なく子供の出生地が属する国の国籍にするというのが出生地主義だ。
で、日本は血統主義を採用している。近年までは「父親の国籍を子供の国籍とする」と国籍法で定められていた(父系国籍主義とでも硫黄か)。国際結婚が増えた、女性に対する差別だという批判を受けたなどの理由で現在は両親のどちらかが日本国籍であれば子供も日本国籍となるように国籍法が改正されている。
ところが両親が結婚していなければ親子関係がはっきりしていても子供が日本国籍を得られないという規定があったもんだからこの裁判になったというわけだ。結婚していなければ血統主義を認めないなんておかしな話で(妊娠がわかったとたんに男がトンズラしたというのは論外として子供が生まれる前に離婚した場合はどうなる?)、この判決は至極当然だと私は思う。
日を改めて判決文をじっくり読んでみたいと思います。

« オシム氏「今度は私が頑張れと言う番」 | トップページ | ある意味袖の下? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96656/41429124

この記事へのトラックバック一覧です: 国籍法「結婚要件」に違憲判断:

» ◆国籍法は違憲・最高裁大法廷/結論としては当然だ [てらまち・ねっと]
 以前、フィリピンから騙(だま)されて連れて来られて、強制的に働かされていた女性をフォローした。  その女性は、日本に連れて来られて、置かれた状況を知り、逃げ出した。  その後、県内の男性と暮らし、2人目の子の出産の前に男性が不明に。  認知がないと大変なことになると男を捜した・・  職場(会社)の名称を聞いて、そこも行ってみたけど不明・・・   ・・・その後、やっと、連絡がとれたけれど・・・  結局、彼女は出産後、苦しい生活が分かっているフィリピンに送還された。     そのあたりのことは、連... [続きを読む]

« オシム氏「今度は私が頑張れと言う番」 | トップページ | ある意味袖の下? »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

最近のトラックバック

Googleで検索する


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    気が向いたらBlogる内を検索