フォト

メールはこちらからどうぞ

ASKAニューアルバム

iTunes Store

  • トップチャート

よく聴く曲

  • good time (album ver.)
    ASKA: SCENEIII

    このアルバムそのものをiTunesでパワープレイ中なんですが、シングルとはアレンジが変わって自分の印象がとても良くなったのでこの曲を代表としてリストアップしました。『ミュージックフェア21』で以前歌ったときのアレンジに近いかな? 癒される声です。 (★★★★★)
  • Never In A Million Years
    Asia: Alpha

    高校時代にいつも聴いていた曲。今でも聴くたびに当時のことを思い出します。 (★★★★★)
  • not at all
    CHAGE&ASKA: NOT AT ALL

    ちょっと気分が落ち込みがちの時に聴いてます。穏やかな気持ちになれる曲。 (★★★★★)

お友達のブログ

よく見ているサイト

おもしろポストカード

« 2014年7月 | トップページ | 2015年6月 »

2014/08/25

今までも、これからも

今日は8月25日、CHAGE and ASKAのデビュー記念日です。
今までと同様、今日は特別な日です。来年も再来年も、そのずっと先も変わることなく特別な日であり続けます。
ファンであることはこれからも変わりません。ただ、これからは“ASKA”ではなく“宮崎重明”という一人の男性として社会生活に戻るまでを見届けます。

2014/08/07

ご無沙汰しております

久々にブログ名を地でいく(笑)状態になっておりました。生きてま〜す。
ここのところ何をしているかと言いますと、“依存症の正しい知識”の勉強です。薬物依存症だけでなくアルコール依存症(アメリカでは薬物依存症に含めていますが)、ギャンブル依存症なども含めて“なぜ人は依存症になるのか”、“依存症になるのは人間の屑なのか”、“依存症になったら人生終わりなのか”、以前から薬物問題が騒がれるたびに疑問に思っていたことをきちんと知りたいと本を読んでおりました。
この2ヶ月あまりで読んだ本は10冊を超えました。読めば読むほど依存症に対していかに偏見や誤解が社会に蔓延しているかということが見えてきました。そしてその偏見や誤解を広げているマスコミの不勉強ぶりにあきれかえっています。10冊まで行かなくても、1〜2冊本を読めば理解できるようなことをなぜマスコミはきちんと報じないのでしょう。

依存症は“病気”です。意志が強いから依存症にならない、意志が弱いからなるというものではありません。ましてや依存症になった人は“人間の屑”でもなければ“弱い人間”でもありません。つらさや苦しさを誰にも打ち明けられず、一人で抱え込んでがんばり過ぎた人たちです。
そもそも人間なんてみんな弱いものです。“弱い人間”が依存症になるというのだったら、みんな依存症になりますよ。
依存症は放っておけばどんどん進行する病気です。依存症になる前の状態に完全に戻るという意味での“完治”はしませんが、身体的・精神的な治療を適切な方法で、時間をかけて行えば社会生活に戻れる病気です。そして社会生活に戻るには私も含めて社会全体が依存症に対する正しい知識を持ち、依存症と闘っている人たち・依存症を克服した人たちを“隣人”として受け入れる度量を持たなければいけないということを学びました。
これからは私にできる範囲で、私にできる方法で依存症の問題に取り組んでいきたいと考えています。そのためにはもっと勉強しなければ。

« 2014年7月 | トップページ | 2015年6月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

最近のトラックバック

Googleで検索する


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    気が向いたらBlogる内を検索